能楽堂 京都観世会館

ホーム 公演案内 館内案内 観世流とは 観能の手引き 道しるべ
観世流とは

観世流とは・・・。

能は今から約六百年以前に観阿弥(1333〜84)・世阿弥(1364〜1444)親子によって基礎が築かれました。
観阿弥は従来の小歌のメロディーに曲舞(くせまい)の拍律を採り入れ、リズムの魅力をもって他国を引き離し、京都に進出し、世阿弥は所作をはたらく大和の芸風に近江の舞いぶりを採り入れ、『風姿花伝』・『花鏡』などの伝書、芸談『申楽談儀』を残しています。

能楽の流派 シテ方 (上懸り) 観世流 宝生流・(下懸り) 金春流 金剛流 喜多流

屋島 隅田川 藤戸
屋島   隅田川   藤戸

〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町44
TEL.075-771-6114 FAX.075-761-6005

HP http://www.kyoto-kanze.jp

HOME公演案内館内案内観世流とは観能の手引き教育関係道しるべ